ギフトは喜ばれるものを選ぶ│スマイルギフト選び

プレゼント

大きな特長

枯れない花プリザーブドフラワーが人気

枯れない花という意味のプリザーブドフラワーは、縁起のいいものとしてお祝いの席の贈り物として注目されています。生花なら長持ちしませんが、水も必要のなく、保存環境にもよりますが1〜2年ほど楽しめるものです。 結婚式などの電報として、プリザーブドフラワーがセットになったものが大変人気です。大切なメッセージを演出してくれ、陶器に入ったタイプや壁掛けにできるタイプ、オルゴールタイプなど、受け取った側も後々飾りとして楽しめるものも多いです。お花の手入れも必要がないので、相手に負担をかけないで済むところもメリットです。 値段は大きさやデザインにもよりますが、電報とセットで数千円から1万円台までさまざまあります。

フラワー電報の始まりは

電報の歴史は古く、明治時代に取り扱いが始まりました。手紙が主流だった昔は、急病の知らせや合格の知らせなど、急ぎの要件を伝えるときに電報を使用していました。近年では、メッセージを伝えるだけでなく、メッセージにお花などを添えて気持ちを伝えるものとして電報が扱われています。電報とお花が贈られるようになったのは、1980年代のことです。 そして長期保存が難しい生花から、手間のいらない枯れない花、プリザーブドフラワーは最近の注目商品です。お花は場の雰囲気を華やかにしますので、結婚式の他に開店祝いや入学式などのイベントにぴったりです。工夫を凝らした電報は、相手の心に残り、お互いの人間関係、コミュニケーションを深めてくれます。プリザーブドフラワー電報は印象に残る電報としておすすめなのです。